EDM

【EDM】初心者向け!夏にかけておすすめなEDMアーティスト、DJ3人

はじめに

 

冬が終わりを告げて、これから春から夏へ気温が上がってくると、EDMが盛り上がってきます!

そこで!今回はおすすめのEDMをピックアップして紹介致します。

また、EDMというジャンルが日本で話題になってから、10年以上が経っていますから、今のEDMのアーティストというのは、かなりレンジが広く、多くの人たちが存在します。

 

ZEDD

 

EDMアーティスト、そしてDJの筆頭には、ZEDDを挙げておきたいです!

多くのEDMがある中で、なぜZEDDなのか?というと、ZEDDは日本人に馴染みやすい曲を多く作っているのです。

日本国内では歌メロが綺麗な曲が、好まれる傾向なのですが、ZEDDはかなり綺麗な歌メロを作ることが多く、最近の日本国内の音楽ランキングでもZEDDはよく登場します。

そして、多くのEDMアーティストと同様にDJとしても積極的に活動しています。よく日本にも来ますから、日本人なら一度は聴いておきたいEDMアーティストです。

それからこれが一番重要かもしれませんが、ZEDDはイケメンでかっこいいです!

では、ZEDDが発表している曲なのですが、今のところ2枚のオリジナルアルバムしか発表していません。アルバム2枚だけで、なぜおすすめ筆頭なのか疑問に思うかもしれませんが、この2枚のアルバムの完成度が非常に高いです。

1枚目のアルバムのタイトルにもなっている「クラリティ」という曲は、グラミー賞を獲得しました。女性歌手のフォクシーズが歌っているこの曲ですが、展開とサビのコーラスがとても感動できる曲です。

レディ・ガガのプロデュースから人気が出てきたZEDDですが、安室奈美恵のプロデュース経験もあります。さらに、Perfumeのプロデュースで知られる中田ヤスタカと、日本へ来日して対談もしています。中田ヤスタカはZEDDの「Stay」という曲のリミックスを発表したことがあります。

日本と親交のあるZEDDは、かなりおすすめなEDMとなっています。

 

カルヴィン・ハリス

EDMが盛り上がって来てから、DJの年収ランキングというのが毎年発表されるようになりました。その年収ランキングでは、カルヴィン・ハリスは毎年1位になっていた時期があります。

そのため、EDMで一番稼いでいるとされるのが、カルヴィン・ハリスです。稼いでいるからおすすめなのか?と文句を言われそうですが、近年、EDMが盛り上がってから、人気DJはとても増えました。

そういうこともあり、DJの年収ランキングはただのお金持ちランキングではなくなっています。年収ランキングの上位に来るDJは、とても良い曲を多く作りますし、DJとしての実力もとても高いです。

カルヴィン・ハリスのすごいところは、自らボーカルも担当することです。彼は元々自宅で宅録をして、自分で歌って曲を作っていたそうです。DJという枠では収まらない、マルチプレイヤーとして活躍しています。

カルヴィン・ハリスの中でおすすめのアルバムとなるのは、「18 Months」になるでしょう。DJ年収ランキングで1位を獲得して、ヒット曲も多く出していた時期の作品です。

EDMの曲の基本形がこのアルバムの曲たちにはあり、カルヴィン・ハリスはEDMを代表するアーティストになりました。

アメリカの美人歌手のテイラー・スウィフトと、付き合っていたなんて話がありますが、色恋沙汰も含めて多くの話題を提供してくれています。ちなみにZEDDと同じく、カルヴィン・ハリスもイケメンです!美人な歌手と付き合えるのも頷けます。

 

スティーヴ・アオキ

日本人がEDMを聞くのであれば、スティーヴ・アオキは外せません。スティーヴは両親が日本人ですので、日本人!なのですが、日本語が喋れません。そして国籍もアメリカとなっています。

両親が日本人なのに、日本語が話せないのはスティーヴのコンプレックスとのことです。さらに、そのためなのか、日本での知名度はいまいち低いEDMアーティストです。

しかし、それで聴かないのはとても勿体無いです。国籍はアメリカですが、日本人であるスティーヴ・アオキのことをよく知っておきましょう。経歴としては、韓国の人気グループである、BTSとコラボしたことあります。

他には、日本のバンドである、SEKAI NO OWARIとのコラボもありますし、さらに、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」をリミックスしたことがあります。スティーヴは、中田ヤスタカと彼が活動するカプセルの大ファンだと自分で公表しています。

アジア圏と日本への愛情がたっぷり感じられる、スティーヴにはぜひ注目しておきたいです。

ちなみに、髭を生やしてロン毛という風貌で、イケメンとは言い難いです。ZEDDにカルヴィン・ハリスと、イケメンが続きましたが、安心してください!

安心するというのは変な表現ですが、髭とロン毛はスティーヴ・アオキのトレードマークになっていて、とても覚えやすい見た目です。

スティーヴはDJの活動にかなり積極的であり、毎日のようにDJイベントをやっています。客にケーキを投げたりする、独特のDJパフォーマンスが有名です。彼のDJプレイは一度見ておきたいものです。

 

まとめ

 

初心者向けとして、夏にかけておすすめなEDMアーティストを3人紹介しました。今のEDMにはとても多くのアーティストがいますから、この3人の他にも、初心者が気に入るアーティストがたくさんいるはずです。

気温が上がってきて、盛り上がる夏にかけては、EDMを聴いてDJプレイを見たりして、楽しみましょう!

You may also like



-EDM
-, ,