DJ EDM HipHop

【HIPHOP,EDM】ヒップホップ×EDMの帝王“DJ SNAKE”のおすすめ楽曲!

DJ SNAKEとはどんな人物?

DJ SNAKEは1985年生まれのフランス人DJです。

クラブミュージックシーンでヒップホップとEDMを融合させたプレイを初めて披露した人物だと言われており、彼の制作したそのジャンルの楽曲は全てが大ヒットするという人気ぶりです。
日本ではあまり馴染みがない名前かも知れませんが、知っている人にとっては毎年9月にお台場で開催されているEDMイベントの「ウルトラジャパン」に2015年に出演し、大熱狂を呼んだシーンは未だに記憶に新しい人も多いでしょう。
数々のヒップホップダンサーやヒップホップダンスユニットとのコラボ楽曲も発表しているので、そちらから彼の名前を知ったという人も増えてきています。
彼によるEDMはヒップホップダンスにとてもよく合うことから、先のようにそれらを融合させた“ヒップホップ×EDM”というニュージャンルを作り上げた第一人者であり
他者の追随を許さない進撃はまだまだ止まりそうにありません。

DJ SNAKEに関する小ネタ

彼のこの“DJ SNAKE”という名前は、本人の行いからきていると言われています。
と言うのも、その学生の頃はいわゆるワルで、しょっちゅう警察に追い掛けられることがあったもののいつもするりと逃げて捕まらなかったことからまるで蛇のようだと揶揄され、
それをそのままDJとしての名前にしてしまったそうです。
尚、警察に追い掛けられたとは言っても、決して大きな犯罪を犯した訳ではなく、主な容疑はお店や公共施設の壁にスプレーで落書きをしたことだそうです。
もちろんそんなことをしてはいけませんが、本人はこれまでにタバコさえ吸ったことがなく、決して根からの悪という訳ではないことを付け加えておきます。

DJ SNAKEのおすすめ楽曲

DJ SNAKE考案のヒップホップ×EDMジャンルの楽曲のうち、特におすすめしたいものを挙げます。
ヒップホップダンスユニットとのコラボ楽曲はその曲だけでなく、MVでのダンスにも注目です。

リル・ジョン×DJ SNAKE/Turn Down for What

リル・ジョンは1972年生まれのアメリカ人ラッパーで、ヒップホップシーンにラップを多用することを広めたこちらも第一人者と言っていい存在です。
DJ SNAKEのEDMに乗せて放たれるラップは全てDJ SNAKE自身の作詞からきていますが、リル・ジョンだからこその世界観の表現はさすがだと言わざるを得ない1曲で、
英語が全く分からなくても、内容のイメージが沸いてくるほどです。

DJ SNAKE/Middle ft. Bipolar Sunshine

DJ SNAKEのEDM楽曲はスローテンポのものが多い中、この曲はそのイメージを完全に打ち壊す、アップテンポなペースが特徴となっています。
それでいて女性の哀愁を歌っている歌詞から、DJ SNAKEの新たな一面を垣間見せた作品だとも言われており、
そのテンポがとてもよくヒップホップダンスと合うことから、日本のクラブシーンでもヘビーローテされていた時期がありました。

Major Lazer×DJ SNAKE feat. M0/Lean On

こちらは三重コラボ作品として発表された楽曲で、DJ SNAKE制作のEDMをデンマーク人ポップシンガーのM0(ムー、数字の「0」は間違いではなく、この表記で活動しています)が歌い上げています。
それに合わせてアメリカのヒップホップダンスユニットのMajor Lazerが抜群のダンスで彩りを添えているという内容から、クラブシーンだけでなく音楽的な評価も高い楽曲です。そのダンスを余すところなく鑑賞できるMVは、YouTubeで1500万を超える“いいね!”が付いていることからも、
この三重コラボ作品の素晴らしさが分かるというものです。

DJ SNAKE feat. Alesia/Bird Machine

DJ SNAKEは2013年にグラミー賞を受賞していますが、その一番の要因となったと言われている名曲です。
コラボ相手のAlesiaは後に1人でもそのグラミー賞を受賞していカナダ人の女性シンガーで、これからDJ SNAKEを聴くなら、まずこの曲から入ってみることをおすすめします。

まずは聴いてみましょう!
上のいくつかの楽曲は、遭えてイメージが異なるものを紹介しました。そのいずれもDJ SNAKEが作り上げたものであり、彼にはどれだけ引き出しがあるのかと思わせてくれることでしょう。
このヒップホップ×EDMというジャンルにあまり興味が無い人も、まずは上で挙げた曲だけでも聴いてみてください。その後にはきっとその世界観にハマってしまうに違いありません。

You may also like



【2022年】音楽サブスクのおすすめランキング

近年、サブスクリプションの音楽配信サービスは日常で欠かせないものとなりました。

絶え間なくリリースされる素晴らしい音楽たちをいつでもどこでも再生し、自分だけのプレイリストを思いのままに作成したり、時には世界に公開し気の合う人々と楽しんだり。

楽しむ方法は本当にたくさん。それだけに、自分に合ったサービスを見つけたいですよね。

国産のサービスもあれば、有名な海外のものも。

今回はどのサービスがおすすめなのかランキング形式でまとめてみました。

 

第3位 music.jp

《CMなどで話題の『music.jp』は音楽だけじゃない!》 music.jpでは音楽もマンガも映画もお得に楽しめる! エンタメコンテンツを丸ごと楽しみたいならmusic.jp

<music.jpのオススメ理由>

【1】最新映画が観れる! 動画配信数は国内最大級! 映画、ドラマ、アニメの最新作から名作まで230,000本以上を配信中。 見放題サービスにはない新作映画はもちろん、デジタル先行配信も多数!

【2】テレビの大画面で観れる! スマートフォンやタブレットだけではなく、Chromecastを使えば、テレビの大画面で映画が楽しめる!

【3】限定コースでお得 このキャンペーンから入会した方に、特別コースをご用意

特典1:まずは30日間無料で楽しめる!

特典2:毎月貰えるポイント増量! 1か月で映画12本も観られる、通常1,958ポイント+動画3,500ポイントが毎月もらえる!

※おためし期間ポイントは継続後ポイント(特典2)の半分となります。

 

<music.jpのここがイイ!>

・国内最大級の配信数!動画作品数23万以上!

・最新の映画もドラマもアニメも配信中!

・映画は予告編を無料で配信。ドラマやアニメは第1話が無料で観られる!

・月々のボーナスポイントがお得!

・お得に見れるクーポンが毎月もらえる!

・ポイントは動画だけでなく、音楽・コミック・書籍にも使えます!

 

第2位 Spotify

Spotify は、モバイルまたはタブレットで音楽やポッドキャストを聴くのに最適な方法です。

任意のトラック、アーティスト、またはアルバムを検索して、無料で聴くことができます。プレイリストを作成して共有します。史上最大、最高の音楽コレクションを構築

個人的なおすすめや、ほぼすべての既製のプレイリストからインスピレーション。

Spotify では、他では見られないオリジナルを含む何千ものポッドキャストも提供しています。

クリエイター、アーティスト、アスリート間のリアルタイムの会話をライブで聞くことができます。

Apple Watch の Spotify を使用すると、手首からお気に入りの音楽やポッドキャストにシームレスにアクセスしてコントロールできます。

広告付きで完全に無料で聴くか、Spotify Premium を入手。

モバイルで無料
• シャッフルモードで任意のアーティスト、アルバム、またはプレイリストを再生します。

タブレットで無料
• いつでもどんな曲でも再生できます。

プレミアム機能
• モバイル、タブレット、コンピューターなど、どのデバイスでもいつでもどんな曲でも再生できます。
• 広告なしの音楽。
•オフラインで聞く。
• 音質向上。

 

第1位 Apple Music

App Icon Apple Music

あなたを定義する曲、アルバム、アーティストであなたの世界を満たしましょう。

何百万もの音楽トラック、精選されたプレイリスト、お気に入りのアーティストのオリジナル コンテンツに無制限にアクセスできます。

ロスレスオーディオを体験し、ドルビーアトモスを特徴とする空間オーディオ

9,000 万曲を超える曲をすべて広告なしで。
ドルビーアトモスを特徴とする空間オーディオ。
SharePlayを使用して、友達とリアルタイムで聞くことができます。
時間同期された歌詞をたどり、感動した部分をメッセージで共有します。
お気に入りの音楽をダウンロードして、オフラインで。
プレイリストを作成して友達と共有
Listen Now でパーソナライズされたおすすめを入手する
Apple Music エディタからのおすすめやプレイリストをブラウズします。
アーティスト、気分、またはジャンルごとに曲を再生するように Siri に依頼します。
歌詞で曲を検索するか、Siri に尋ねるだけです。
インタビューやライブパフォーマンスなど、Apple Musicでしか見られない音楽を深く掘り下げます。
ライブまたはオンデマンドで、音楽界で最も象徴的な名前によって作成された数十の限定ショーを探索。
友達をフォローして、他の人が聴いているものを見つけてください。
Apple Watch に直接音楽をダウンロードしてストリーミングできます。
CarPlay を使用してすべてを持ち運び、車のコントロールを使用して音楽を検索します。
Siri で使用するように設計された Apple Music Voice プランを試して、声だけで完全なカタログにアクセス。

アップルウォッチの機能:
ミュージック アプリで直接ラジオ ステーションを聴くことができます。
[Listen Now] を選択すると、お気に入りの曲、最近再生した曲、おすすめのラジオ局などをすぐに聞くことができます。

-DJ, EDM, HipHop
-