HipHop

【HIP HOP】2022年、テンションが上がる日本語ラップ7選!

BAD HOP - Kawasaki Drift

川崎を舞台にした曲で、街の様子をうまく表現しているため聞くとイメージができます。また、バイクを運転しているようなブルンブルンというエンジン音が雰囲気を出していて、それぞれのメンバーの表情の様子がリアルです。

川崎といえば工場が多く、湾岸地帯はバイクで飛ばすようなイメージがありますが、ヒップホップで荒れ果てた街の様子をうまく表現し、風景をイメージするとテンションが上がること間違いなしです。

 

Sweet William & Jinmenusagi - so goo

電車の中で2人が歌を歌う姿が雰囲気を作り出し、ゆったりとしたリズムが舞台をイメージしやすいです。また、電車や街の風景や部屋の中の様子と舞台が目まぐるしく変わり、2人が歌を歌いながら移動する姿が雰囲気を作っています。また、2人のほか女性が出てきますが、お互いにどのような感じなのか興味深いです。メロウなSweet WilliamさんのビートとJinmenusagiさんのやわらかいラップとメロディーが特徴で、あまり激しくなく脱力感があり癒やされる曲です。このため、ほっこりとした気分を味わうには最適で、舞台の風景の変わるシーンと合わせると世界観を楽しめます。

 

KEIJU - Let Me Know

レゲエの要素を含んでいるためビートが強く、背景のシーンの変化とマッチしてテンポが良い曲です。また、薄暗い雰囲気の中でテンポの良いリズムがマッチし、映し出される様子を見るとテンションが上がります。歌声もそれほど高く響かないことや、湧き上がってくるようなリズムのため落ち着いて聞きやすいです。また、声とリズム感がマッチして上品さがあり、幅広い世代にぜひとも聞いてほしくなります。

 

MIYACHI - WAKARIMASEN

MIYACHIさんがカタコトの日本語を織り交ぜ、テンポ良く歌い上げるため聞いててほっこりします。英語とカタコトの日本語を交えながら低い声でリズムに合わせて歌っているため、気分をリラックスしたり笑いたいときに聞けば最適です。また、映像を見るとヒップホップのようなリズムで、「英語わかりません」という自虐ネタを聞くだけでほっこりします。サビのフレーズが 「MIYACHI、MIYACHI、MIYACHI、しゃべり方がワサビ」で、ギャグ要素を含んでいるため世界観にハマりやすいです。

 

KID FRESINO - Arcades ft.NENE

リズムに乗ってテンポ良く歌っているため、聞いててテンションが上がってきます。また、暗闇の中で歌っているため映像を見ても楽しそうで、ファンキーでポップなサウンドを楽しめる曲です。KID FRESINOさんとNENEさんがそれぞれ登場しますが、それぞれの個性を楽しめます。時間は短いものの世界観にハマりやすく、激しくないためリズムが良い曲が好きな人には最適です。

 

太郎忍者 - Pussy

4人がリズムに乗って個性的なパフォーマンスをするため、見てて楽しめる曲です。 「お前Pussyじゃん」という歌詞が印象的で、小学生ラッパーの太郎忍者さんがリズム良く踊って伝えています。小学生とはいえヒップホップシーンでも大きく注目を集め、パフォーマンスや歌声などに凄さを感じます。ダンスもキレがあり完成されたパフォーマンスといえ、特に子供たちには聞いてほしい曲です。

 

変態紳士クラブ - 好きにやる

曲調が最高で人生をどのように過ごせば良いか訴えかけ、それぞれのメンバーのパフォーマンスも見応えがあります。歌声が低くて不気味さがありますが、他のメンバーが高い声のため高低差があり聞いてて楽しいです。「好きにやる」という曲名のように自由奔放な生き方を勧め、まさに歌の力で背中を押しているようにも感じます。最近は厳しい世の中ですが聞いていると希望を持て、生き方のヒントにもなる曲です。人生は自由に生きていくようにすると束縛されずにのびのびと考えやすくなり、つらいことがあったときにぜひとも聞いてほしいと思います。

You may also like



-HipHop
-, , , , , , ,