【lofi】謎のアーティストkudasaiを徹底解明してみた

HipHop

突然だが、今youtubeで急速にチャンネル登録者、高評価を伸ばしているアーティストkudasaiをご存じだろうか。

kudasai – the girl i haven't met
kudasai – dream of her

youtubeのアカウント名はkudasaibeatsとなっており、チャンネル登録者数は2019年9月時点で、1万人超えとなっているアーティストだ。

あまり素性が分からない彼だが、作る音楽は一級品。どこかノスタルジーな雰囲気の曲調のlofiヒップホップと、日本の90年代を思わせるアニメ映像がマッチしていて、レトロに立ち返る風潮があるこの時代、彼がここまで人気になるのも頷ける。

今回は彼のwebサイト、spotify、Twitter、InstagramなどあらゆるSNSを利用して、(ストーカーのごとく彼の素性に迫ってみたいとおもう

謎のアーティストkudasaiを徹底解明してみた

kudasaiのwebサイト

彼の所有するwebサイトを発見した。

どうやら本来のアーティスト名はKUDA KUDASAiらしい。

20歳/カリフォルニア州ロサンゼルス出身ギターとシンセとドラムを組み合わせてビートを作っている/2016年の終盤から、Grape Records、DreamEasy Collective、United Common Recordsなどの音楽グループとの協同をきっかけに音楽活動を開始

kudasaiがバズった訳

kudasaiがバズった理由は、ikigaiやDreamWaveといったyoutubeチャンネルにフィーチャーされたことがきっかけだった。冒頭にリンクした曲『the girl i haven’t met yet』は、ポストしてからたったの3週間で33万回越えの再生回数を突破した。現在は2900万回再生を突破しており、Lo-Fi Hip Hop界での足場を築いている。

kudasaiのソーシャルメディア

kudasaiのSpotify

彼のSpotifyは、月間リスナー約70万人、驚異的な数字であるこれまでにすでに15のシングルと4枚のアルバムをアップロードしている。

kudasaiのTwitter

彼のTwitterをしばらく遡ってみた。

2018年3月15日時点でyoutubeのチャンネル登録者は100人。1年と半年ほどをかけて1万人超えを達成したことが分かる。

音楽の動画を上げることもある。トラックに使われているギターサウンドは自ら演奏しているようだ。

kudasaiのInstagram

あまりアーティストとしての音楽活動で顔出しをしないkudasaiだが、InstagramなどのSNSでは、積極的に自分の写真を投稿している。後述するが、メキシコの血を引いているのがよくわかる凛々しい顔立ちだ。イケメン。

kudasaiの名前の由来と正体

アメリカのLo-Fi Cultureというサイトに彼へのインタビュー記事があった。それをいくつか和訳していく過程で、彼の正体に迫っていく。

Q.名前は?血筋はどこの国?

僕の本名はChristian Songco。フィリピンとメキシコ人の血を引いていて、ソーシャルメディアでは”kudasai”という名前だよ。

Q.kudasaiとして、どれくらい音楽を作ってる?

kudasaiという名前をもう1年半くらい(インタビュー時)使っているけど、以前は適当なトラックを他のアカウントで作っていたんだ。でもそれは全然真剣にやってなかった。

Q.好きなアニメはなに?(名前がkudasaiだからアニメ好きかと思ってるんだけど…)そして、カバーアートに使うのに好きなアニメはなに?

実はこのkudasaiという名前は、『Chotto Matte Kudasai (Never Say Goodbye)』というSam Kapuの曲から取ったんだよ。kudasaiっていう名前にしたら、誰かが僕の名前を呼ぶ度に、一度ちょっと待って自分の居場所に感謝できるかもと思って。変だよね、自分でもわかってる。笑 とにかく、アニメは見るよ。お気に入りは”erased(僕だけがいない町)”だね。ハラハラするし、ちょっとダークだから。

※Chottto Matte Kudasai (Never Say Goodbye)のリンクを下に貼っておく。

Sam Kapu – Chotto Matte Kudasai (Never Say Goodbye) (Original)

まとめ

kudasai/20歳/フィリピン×メキシコ/カリフォルニア州ロサンゼルス在住
名前の由来は『chotto matte kudasai (Never Say Goodbye)』
大まかに分けると、今回の調査で以上のことがわかった。
最後に筆者おすすめのkudasaiの曲を貼っておく。
kudasai – when i see you
kudasai – a light of mine
今流行っているLo-Fi Hip Hop界の超新星kudasaiぜひチェックしてみてkudasai!