EDM

【EDM】EDM的な見地で見るTM NETWORKの魅力的なクラブミュージック

ここでは、TM NETWORK の楽曲について紹介します!
TM NETWORK は、1984年のデビューからずっと活動している、日本のグループです。
TMと聞くと、古い邦楽やJPOPのイメージがあるかもしれませんが、実は積極的にクラブミュージックを曲の中に取り入れて活動してきました。日本のEDMの元祖とも呼べます!
最新のクラブミュージックを調べると、海外の曲が多く出てきて、クラブミュージック初心者にはとっつきにくかったりします。しかし、本当は日本国内で、日本人が作ったクラブミュージックは、多くあります!
今回は、多くの人に知られているTM NETWORKを例に出して、最近海外から大注目されている日本人が作ったクラブミュージックを紹介しましょう。

Love Train

TM NETWORKは、TMNと名乗っていた時期があります。そしてTMN名義で発表された曲の多くは、特にクラブミュージックの要素が強めとなっています。
「Love Train」は、そんなTMN名義の時のヒット曲ですが、かなりノリノリのクラブミュージックです!

TMの曲の多くは、リーダーの小室哲哉氏によって作られていますが小室氏は当時からかなり最新クラブミュージックの流行に敏感でした。そして、日本のチャートにもクラブミュージックを入れて、盛り上げようとしていた感じを強く受けます。
結果的に「Love Train」がヒットして、日本にも本格的なクラブミュージックが出てきたと言っていいです。
音楽番組に出演した際も、ダンサーを大勢参加させる演出をしたりとにかく踊れる曲であることを強調しているように見えます。この曲はアルバム「EXPO」に収録されました。

Dragon The Festival

ここから、TMの活動初期まで遡ります。

TM初期には「Dragon The Festival」という曲があります。もうこの曲は、本格的なクラブミュージックであり激しいダンスミュージックです。
シングルとして1985年に発表されました。時代はまだ80年代の中盤だったのですが、その時にもう本格的なクラブミュージックを作っていた日本人がいたことに、かなり驚いてしまいます!
アルバム「CHILDHOOD'S END」に収録されています。ベスト盤などには、リミックスバージョンが収録されることが多いです。

80年代の中盤は、まだTM NETWORKの人気が出る前です。しかしこの曲を発表した辺りから、徐々にTMの人気が上り調子になっていきました。
ライブではおなじみの曲となっていて、演奏されるのは「Dragon The Festival」のリミックスバージョンが多いです。スタジオ音源より長めに演奏されてTMのメンバーもお客さんもかなり盛り上がります。
現在のクラブで現場のDJがかけてもかなり盛り上がりますし、80年代が好きな音楽ファンは喜ぶでしょう!

Come On Let's Dance

タイトルにダンスと入っていますが、まさに狙って意識して作ったクラブミュージックであり、ダンスミュージックです。日本のEDMがここから始まったような印象もあります。
訳すと「踊ろう!」や「イエイ!踊ろうぜ!」という感じでしょうか。これをそのまま曲のタイトルにしても、ベタベタでダサいでしょうから、英語のタイトルがしっくりきます。

動画の方は大昔の邦楽のMVなのですが、よく見るとかなりよく出来ています!ダンスのためにある曲という感じが映像からビシビシ伝わってきちゃいます。
20年以上前の小室哲哉氏のインタビューではこの曲が初めてのヒット曲という解説をしていたように覚えています。
海外でレコーディングされたようですが、その時の外国人スタッフにディスコミュージックと言われたようで小室氏が作ろうとしたダンスミュージックが狙い通りに出来上がったと言えるでしょう!
邦楽、JPOPのクラブミュージックが、早くも高いレベルで出来上がった感じです。

COME ON EVERYBODY

TM NETWORKが名実ともに人気グループとなったときに、発表された曲です!

この頃のTMは、人気が絶頂の時と言っていいいでしょう。

この時期に発表された曲は、ほとんどチャートの上位に入っています。ただ、一般的にはTMというとポップスグループとして知られていたと思います。
当時はクラブミュージックがまだまだマイナーでしたし、TMを説明するときはポップスのジャンルになってしまうのは仕方がない話ではあります。
しかし、小室哲哉氏のクラブミュージックへの執着はかなり強かったようです。とてもノリが良くて踊れる曲をしっかりシングルで出してきました。
タイトルが似ていますが「Come On Let's Dance」のライブで使われたリフがこの曲の原型になったそうです。

アルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」に収録されています。
この「CAROL」というアルバムなのですが、プログレッシブロックへ挑戦した意欲作となっています。
プログレのアルバムになぜクラブミュージック?という疑問が出てきますが、当時プログレのアルバム制作をしようとしたら、レコード会社から猛反対されたそうです。
レコード会社としては、人気絶頂のグループが実験的なことをやって人気を落として欲しくなかったのでしょう。そこで「Come On Let's Dance」のようなシングルのヒット曲もこのアルバムに多数収録されました。アルバムの方も大ヒットとなっています。

まとめ

日本のクラブミュージック、またはダンスミュージックについて、TM NETWORK を例にしてお話ししました。初心者の方はここからクラブミュージックへと入っていってもいいかと思います。
または、当時の邦楽でちょっと変わった存在だった、TM NETWORK の音を体験するのも楽しいです。思ったよりも古さを感じない、日本のクラブミュージックを聴くことができますよ!

You may also like



-EDM
-