HipHop

【HIP HOP】2022年クラブで流行るヒップホップ10選

ヒップホップというと、クラブで流れるマニアの音楽というイメージかもしれませんがイージーリスニングという聞き方もあります。

ここでは、クラブで流行るヒップホップ10選として、紹介致します。

自宅でのひとりヒップホップも聞き方や選び方を知っていると、より価値の高いリスニングが可能で音質に優れるラップも多くあります。

 

Lil Pump

Lil Pump の音楽はRacs On Racsの曲に代表されるように、ヒップホップの中でもレゲエを崩したような、アンダーなイメージですが、暗いイメージながらも、ビートの強い仕上がりになっています。

 

KOHH

KOHHの演出している楽曲に飛行機という曲がありますが、通常のダウンタウンミュージックにあるような軽い音楽性とは違います。一般としてメジャーな楽曲までではないものの、一般市民の哀歌ともいうべき歌詞を備えています。

 

JP THE WAVY

JP THE WAVYは、日本語ラップでの表現がより秀逸です。

メロディはループ音楽を基礎にした単純な構成ではなく、歌詞の音声にループを使用しているので、ミキシングとは一風違った趣を呈しています。国産ラップの中でも、独特の雰囲気を醸し出す音楽性となっています。

 

Lil Uzi Vert

Lil Uzi Vertは、Baby Plutoという曲で名前が知れています。

それほど重たくないクラブミュージックになります。音楽性としては、エレクトリックピアノを使用し、作曲の面にもほかとは違った音楽づくりが垣間見えます。

ディープビートに関しても、要所要所における使い方になっていますので、自宅のリスニング用にするには、低音に耐えられるヘッドフォンがあるとより楽曲を楽しめるでしょう。

 

BAD HOP

BAD HOPは日本語ラップになります。Kawasaki Driftという楽曲で地域の様相を歌い上げる歌詞になっています。日本語かどうか聞き取りにくいサウンドですが、ブラック系ダウンタウンを表現するディープヒップホップに該当します。

 

Eminem

Eminemは近年からではなく、大御所のイメージですが、Lose Yourselfでは、新しいタイプのヒップホップになります。サスペンスを思わせるような曲づくりになっており、また抑揚感においても、気分を上げる手法が凝らされているので、BGMとして使用すると、気分が盛り上がるでしょう。アップビートの感触がありますので、ただ暗い感じの音楽という雰囲気はしません。

 

ANARCHY

ANARCHYの歌い方は特徴があるので、趣味の範囲で聴ける音楽になります。

真剣なディープでありながら社会風刺を含んでいるダウンタウンミュージックと呼べるでしょう。日本語ラップの中でも、エッジィでゲーム主義とも感じられる曲の構成になっています。

 

Arizona Zervas

Arizona Zervasはヒップホップの音楽の中にサブコーラスを組み合わせる優秀な音楽になります。通常ブラック系ヒップホップではシンガーが一人で歌っている印象がありますが、このアーティストでは、より音楽の構成力にこだわっている点が評価できます。

またピアノサウンドの使い方も、ライトミュージックに該当しますので、部屋で流したりすると気分の優れる構成になっています。

 

空音

空音の音楽は、日本語の歌詞の中にも、今の市民口コミを題材とするものです。

ネットの話題性を、歌い上げる歌詞には、インディーズならではのストーリー展開があります。曲はアニメ調の面白さもあり、メロディとしても、音楽の基本を含んだ抑揚系の仕上がりです。ラップだけを自己主張するのではなく、アニメストーリーをヒップホップで奏でるのが特徴になります。

 

変態紳士クラブ

変態紳士クラブはすきにやるという音楽で知れています。またYokazeという楽曲では、ギターサウンドに並行して、ラップを歌っています。メロディと歌声にきれいな特徴がありますので、音楽観としては単なる自己主張系ではない、社会にやさしく訴えるラップとなっています。

You may also like



-HipHop
-, , , , , , , , ,